知らなきゃ損する!?白髪染めの基礎知識記事一覧

ヘアカラータイプヘアカラータイプは最も一般的な白髪染めだといえます。1剤と2剤を混ぜ合わせるタイプの白髪染めを総じてヘアカラータイプと呼んでいて、その形態にはクリームや液状、泡状、ムースなどのタイプがあります。このヘアカラータイプの白髪染めの1剤にはアルカリ剤と合成染料が、2剤には過酸化水素が含まれています。これらを混ぜ合わせることによって染料が酸化して髪を染めることができるようになります。仕組み...

白髪染めは家庭で簡単に白髪を染めることができるため、多くの方が利用しています。ドラッグストアやスーパーなどで白髪染めコーナーが出来ていることからも、白髪染めのニーズがとても高いことが見て取れます。今まで白髪染めと言えば、黒かグレー、ブラウンしか色がありませんでしたが、最近ではおしゃれに白髪染めを使いたいという要望から、ファッション性に優れた様々なカラーバリエーションのものも販売されるようになってい...

白髪染めを始めると、なかなか身動きをとることが難しくなりますし、下手に動くと家具を染料で汚してしまったり、髪の色ムラを作る原因にもなってしまいます。そうならないためにも、白髪染めを始める前にしっかりと必要な道具を揃えて準備しておくように心がけましょう。これさえあれば大丈夫!白髪染めアイテム白髪染めを行うときに必要不可欠なものや、あると便利なアイテムを紹介します。こちらを参考にして、しっかりと道具を...

白髪染めで頭髪トラブルを避けるためにパッチテストは必ず行う必要があります。パッチテストは、これから使おうとしている白髪染めの成分の中に、自分にとってアレルギーが起こる成分が含まれていないかをチェックするためのものです。白髪染めには様々な刺激の強い成分が含まれています。その成分と肌質が合わない場合、肌がかぶれたり、赤みが出たり、湿疹がでるなどの炎症が起こる場合があります。また、体質によっては頭痛や吐...

白髪染めには部分染めと全体染めがあります。白髪染めは髪と頭皮にとても大きな負担をかけてしまうもの。この負担を軽減させるためにも、部分染めと全体染めを使い分けるようにしましょう。部分染めと全体染め白髪染めを行ってから2ヶ月もすれば生え際にはかなりの白髪が生えてきます。よって、白髪染めは定期的に行う必要がありますが、短期間で白髪染めを繰り返すことによって髪と頭皮に大きなダメージを与える原因となってしま...

白髪染めを行った後は髪にダメージがかかっています。そのため、白髪染め後のケアは必要不可欠。ここでは白髪染め後のヘアケアについて紹介します。白髪染め後のシャンプー白髪染めを行った後、必ずシャンプーを行うように注意書きがされています。これは、シャンプーを行うことによって髪に付着している白髪染めの染料を落とすために行います。染料が髪や頭皮に付着したままの状態だと、髪と頭皮に刺激を与え続けてしまうだけでな...

白髪めを行っても、すぐに白髪が伸びてきて気になりますよね。髪は毎日伸び続けるため、個人差はありますが1ヶ月で1〜2cm程度成長すると言われています。そのため、せっかく白髪染めをしても生え際だけ白髪が目立って気になってしまいます。しかし、生え際の白髪が目立つからといってその都度白髪染めを行うと髪に多大なダメージを与えてしまいダメージヘアの原因になってしまいます。そこでオススメしたいのがリタッチです。...

白髪染めトリートメントの特徴最近多くの方が支持している白髪染めにトリートメントタイプの白髪染めがあります。従来の白髪染めは髪や頭皮に大きな負担をかけてしまうため、使える人が限られていました。髪がパサついたり、頭皮に炎症が起こったりするなどのトラブルが原因となって、白髪染めを行うことができなくなったという人も大勢います。そのような人に合わせて作られたのがトリートメントタイプの白髪染めです。白髪染めト...

髪を染めるものに、白髪染めとおしゃれ染めがあります。どちらも髪を染める、色をつけるという目的を持っていますが、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか。白髪染めとおしゃれ染めの違い白髪染めとおしゃれ染めの最も異なる部分は染毛力の強さに違いがあります。白髪染めは白髪と黒髪を一度に、そして均一に染め上げることができるように脱色を行ってから高い染毛力で髪を染め上げるよう作られています。一方、おしゃれ染...

page top