白髪染めの種類について

ヘアカラータイプ

 

ヘアカラータイプは最も一般的な白髪染めだといえます。
1剤と2剤を混ぜ合わせるタイプの白髪染めを総じてヘアカラータイプと呼んでいて、その形態にはクリームや液状、泡状、ムースなどのタイプがあります。

 

このヘアカラータイプの白髪染めの1剤にはアルカリ剤と合成染料が、2剤には過酸化水素が含まれています。これらを混ぜ合わせることによって染料が酸化して髪を染めることができるようになります。

 

仕組みとしては、まず1剤に含まれているアルカリ剤が髪の表面部分であるキューティクルを開いて髪の内部の色素を一度脱色します。
これによって、白髪でも黒髪でも同様の染め上がりを得ることが出来ます。
次に染料が開いたキューティクルの中から髪の内部に侵入していって、過酸化水素と混ざりあうことで染料同士が結合して粒子が大きくなり、髪から出られないほどの大きさになることで髪に色が定着する、という仕組みになっています。

 

ヘアカラータイプの白髪染めの特徴はとても高い染毛力を持っていること。
先述したとおり、白髪でも黒髪でも同様に均一な染め上がりを得ることができます。
また、一度染めると多少の色落ちや色あせは起こりますが、基本的に色がとても長期間にわたって残るので永久染毛剤と呼ばれるほどです。

 

ヘアカラータイプは白髪をしっかりと染め上げたい人、一度で染めたい人に適した種類の白髪染めですが、一方でとても刺激が強いことから肌の弱い人やダメージヘアが気になる人には適していません。

 

ヘアマニキュアタイプ

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは髪の表面を染めることによって白髪を染めるというものです。
よくヘアカラーとヘアマニキュアが混同されるケースがありますが、染める部位が異なるのでその性質は大きく異なります。

 

ヘアカラーは髪の内部に染料を定着させることで白髪を染めるのですが、ヘアマニキュアは髪の脱色を行わず、髪の表面にあるたんぱく質を染め上げます。

 

そのため、ヘアカラーと比較すると白髪と黒髪とで色の仕上がりに違いが出ること、シャンプーやブラッシングなどで色が落ちやすいという欠点があります。

 

その一方で、髪や頭皮への刺激が少ない点、髪をコーティングすることでツヤツヤでサラサラな髪に仕上げることができるというメリットもあります。

 

これまでにヘアカラータイプの白髪染めで頭皮や髪にトラブルが起こったことのある人はヘアマニキュアタイプをオススメします。

一時染めタイプ

白髪染めというよりは、白髪隠しといったほうが近いニュアンスがあるかと思います。
スプレータイプからスティックタイプ、パフタイプと様々な形態があります。

 

白髪の気になる部分に一時染めを塗ると、シャンプーを行うまで塗った部分の白髪を隠すことができます。
そのため、基本的には1日しか効果が持たないのですが、ちょっとしたお出かけや、旅行などに重宝されています。

 

page top