白髪の予防方法

白髪の予防

白髪は加齢によって生じる、一種の老化現象です。

 

老化は自然と起こるものなので、予防のしようがないと思われがちですが、適切な予防策をとることによってある程度の改善を行なうことができます。
 
ここでは白髪の予防方法について紹介していきます。

 

白髪の予防方法

まずは白髪の原因について簡単に説明します。

 

白髪の原因は、髪の内部にメラニン色素が含まれていないことにあります。
このメラニン色素を生成しているのがメラノサイトという色素細胞です。

 

メラノサイトは加齢によって機能が低下するだけでなく、
生活習慣の乱れなどによっても機能低下を起こすため、
生活習慣の見直しや適切な頭皮環境を作り出すことによって白髪の予防を行うことができます。

 

ただし、遺伝や加齢によって起こる白髪は根本的に解決する方法が無いというのが実際のところです。

 

そのため、メラノサイトをいかにして活性化させ、メラニン色素を作らせるほど元気にさせることができるかが白髪予防の鍵となります。

 

食生活で白髪予防

髪の成長には栄養が必要です。
当然、髪の色であるメラニン色素も栄養が無くては生成することができません。
まずは食生活の見直しによる白髪予防を心がけるようにしましょう。

 

髪の成長に必要な栄養は、たんぱく質、ミネラル、ビタミンです。

 

たんぱく質は髪の材料となっています。

たんぱく質が不足してしまうと元気の無い弱弱しい髪が生えるようになり、白髪が起こりやすくなってしまうので、大豆、肉類、卵、魚類、乳製品などからたんぱく質を摂取するように心がけましょう。

 

ミネラルは身体の調子を整える効果を持っています。

中でも特に大事だと言われているのが亜鉛です。

 

亜鉛は、摂取した栄養を適切な形に変化させる作用があり、これによって食事から摂取したたんぱく質を効果的に髪に活用することができるようになり、メラノサイトの活性化、つまり白髪予防・改善に効果を発揮することができます。
もちろん、亜鉛以外のミネラルも重要となりますので、ミネラル全般をバランス良く摂取することが大事です。ミネラルは海藻類や牡蠣などに多く含まれています。

 

ビタミンにはビタミンAやビタミンCなど様々な種類があります。

特に積極的に摂取したいのはビタミンAとC、そしてEです。

これらのビタミンを摂取することによって、血行促進効果、血液サラサラ効果、抗酸化効果などを得ることができます。
これによって、メラノサイトに効率よく栄養が補給されるようになり、白髪対策を行うことができます。
野菜、果物、ナッツ類などに多くのビタミンが含まれています。

 

ストレスの解消で白髪予防

ストレスと白髪には深い関係があります。
小説やドラマなどで、強いストレスによって一晩で髪が真っ白になった、という表現があります。
さすがに一晩で白髪になることはありませんが、ストレスによって白髪が生えるようになるのは科学的根拠があります。

 

ストレスを感じると、筋肉が収縮して血行が悪くなります。
これによって頭皮の血行も悪くなり、髪の成長に必要な栄養が十分に運ばれなくなってしまい、
結果的に白髪が生えるようになってきてしまいます。
 
また、ストレスを感じることで食欲不振や内臓の機能低下、睡眠困難など健康そのものに害を及ぼしてしまうので、ストレスは溜めないように心がけましょう。

 

自分なりのストレス解消方法を見つけて、ストレスを上手に発散すること、そしてストレスを感じにくい生活を送ることが大事となります。

 

運動で白髪予防

運動不足が続いていると白髪の原因となります。
運動は血行を良くする効果、そしてホルモンのバランスを整える効果、ストレス発散効果などを持っています。
適度な運動を日常的に行うことによって血行が改善されて、白髪予防効果を生み出すことができます。

 

毎日ウォーキングや軽いジョギング、水泳などの有酸素運動を継続することによって優れた白髪予防効果を生み出すことができます。

page top