白髪染めが髪を傷める原因

白髪染めを使うと髪が傷んでしまった、という声が良く挙がっています。白髪染めを使うとどうして髪が傷んでしまうのでしょうか。

白髪染めにはアルカリ剤や化学染料、過酸化水素水などが配合されていて、これらのもつ作用によって白髪を染め上げることができます。

 

仕組みとしては、アルカリ剤が髪のキューティクルを開いて髪の色を一度脱色してから髪の内部に化学染料が浸透、そして過酸化水素水によって化学染料同士が結合して髪の内部に定着する、という手順を踏んでいます。

 

白髪染めを使ったら、キューティクルが開いてしまうため、このキューティクルをもう一度元の状態に戻さなければならないのですが、一度開いてしまったキューティクルは簡単に戻らない上に、戻ったとしても乱れた状態になってしまいます。

また、元に戻ることができなかったキューティクルはそのまま剥がれ落ちてしまいます。

 

キューティクルが元に戻るまでには多少の時間が必要となります。
その間キューティクルはささくれ立った状態になっていて、例えばシャンプーやブラッシング、ドライヤーなどで簡単に剥がれ落ちてしまいます。
キューティクルがはがれた髪は内部の水分や油分が漏れ出してしまって、ツヤやハリの無いパサついた髪やうねりのある髪などになってしまいます。
これが白髪染めによって引き起こされるダメージヘアの原因です。

 

そのため、白髪染めを高い頻度で利用しているとキューティクルがどんどん剥がれ落ちていってしまうのでダメージヘアがひどくなってパサつきやひろがり、うねりだけでなく切れ毛、枝毛などが引き起こされてしまいます。

 

髪を傷めない白髪染め

白髪染めで髪を傷めてしまうのが嫌だ、という方は白髪染めを使うのをやめて、トリートメントやコンディショナーで髪が整うのを待つしかありません。
しかし、その間も白髪は伸び続けています。

 

そこで利用したいのが、天然成分で構成されている白髪染めです。
従来の白髪染めは化学染料によって髪を染めていましたが、これを天然由来の染料、例えばヘナやクチナシ、アナトー、ウコン、藍などを染料に用いている白髪染めを使うようにすると髪にダメージを与えるどころか天然のトリートメント効果を髪に付与しながら白髪染めを行うことができます。

 

これら天然成分によって構成されている白髪染めのほとんどがトリートメントタイプの白髪染めとして販売されているので、普段使っているシャンプー後のトリートメントとして利用するだけでOKという手軽さも大きなメリットのひとつです。

 

注意点としては、従来の白髪染めほど均一に染まらないこと、そして一度で染まるわけではなく、使うほどに徐々に染まっていくという部分です。
しかし、毎日使える点、髪にツヤやハリを戻す点、新しく白髪が生えてきても目立たない点などメリットの方が多いとして、多くの女性から高い支持を得ていますので導入を検討してみてはいかがでしょうか。

page top