妊娠中の白髪染め

妊娠中であっても、白髪は生えてきます。
そのため、妊娠中に白髪染めを行いたいけれど、白髪染めを使っても大丈夫なのか、という声を良く耳にします。
妊娠している間は10ヶ月ほど。
その間白髪を放っておくとなると、おしゃれが出来ないということになります。

 

しかし赤ちゃんがお腹にいるので白髪染めを使ってもいいものなのでしょうか。


妊娠中は白髪染めを控えましょう

各社白髪染めメーカーは妊娠中であっても白髪染めの使用は大丈夫と謳っています。
しかしその一方で、美容院などでは妊婦さんの白髪染めを断っているところもたくさんあるという側面もあります。

 

美容師さんの話を聞くと、やはり身体にとって有害な成分が含まれている白髪染めを妊婦さんに使うことはできないし、何か問題が起こっても責任を取ることができないからということ。 

 

妊娠中に白髪染めを使うのは良くない、という科学的な根拠はありませんが、一方で使っても大丈夫という根拠も無いので、妊娠中は白髪染めの使用を控えるのがベターであると言えます。

 

なお、妊娠中に白髪染めを利用することの影響には以下のようなことが挙げられます。

 

妊婦への影響

妊娠中は精神面だけでなく、身体的にもとても敏感な状態になっています。
普段ではなんともないような刺激が妊娠中だととてもきつかったりするというのは良くある話。

 

例えば、普段使っている化粧水で肌荒れが起こってしまったり、下着との摩擦で強いかゆみが生じるようになったりと様々な影響があります。
当然、刺激の強い白髪染めを使用すると、頭皮や髪に対する影響が大きくなると考えることができます。
普段であれば問題なく利用することができた白髪染めが、
妊娠中に使用することによって頭皮のかぶれや湿疹などの炎症が起こるリスクが高まります。

 

胎児への影響

白髪染めに含まれている化学成分は皮膚を通って毛細血管に乗り、全身の様々な部位に広がる可能性があると言われています。

 

つまり、胎児にも白髪染めの化学成分が伝わってしまうリスクが生じるということ。
現状では白髪染めの成分によって胎児になんらかの影響が起こったという事例は発表されていませんが、胎児に悪影響を及ぼす可能性があるのなら避けたいところです。

 

妊娠中に白髪染めを行うなら

どうしても妊娠中の白髪が気になる、という方は天然成分で構成されている無添加の白髪染めを利用するようにしましょう。
無添加の白髪染めは化学染料ではなく、天然由来の染料を使用しているので、安全性が高くなっています。食品の染色に使われているウコンやクチナシなどが主な染料になっていますので安全性はかなり高いので安心して利用することができます。

page top