白髪の原因となる食生活

白髪を増やす原因のひとつに乱れた食生活が挙げられます。

 

髪にとって悪影響な食事を続けていると、白髪が増えるだけでなく薄毛や脱毛、細毛など他の髪のトラブルも引き起こすきっかけとなってしまうので、適切な食事の習慣を身につけることが白髪対策にとって必要不可欠と言えます。

 

ここでは白髪を増やしてしまう、髪に悪影響を与える食生活について紹介していきます。

 

白髪を増やす食生活

刺激物の過剰摂取

タバコやコーヒー、辛い食べ物、アルコールなどを過剰に摂取すると、身体に強い刺激が起こって白髪が増える原因となる場合があります。

刺激の強いものを摂取すると最初に影響を受けるのが胃や腸などの消化器官です。
消化器官はとても敏感な臓器で、刺激物が多く取り込まれると次第に機能が低下し始めてしまいます。
すると、せっかく食事から白髪対策に効果的な栄養を取り入れたとしても、それらを上手く利用できる形に消化・吸収することが出来なくなって、結果的に栄養不足となり白髪が生えたり、薄毛や脱毛などを引き起こす原因となってしまいます。

 

刺激物は適度に摂取すれば、血行を促進させる効果やリラックス効果を生み出すことができるので、
ほどほどに、上手に摂取するようにすれば良い方向に作用させることができますので
喫煙の習慣がある方、コーヒーが好きな方、辛いものが好きな方などは摂取する量を見直してみましょう。

 

甘いものの食べすぎ

アイスクリームやジュース、缶コーヒー、チョコレートなど糖分を多く含んでいる食べ物や飲み物から過剰に糖分を摂取すると白髪の原因となる場合があるので注意が必要です。

 

頭皮には多くの髪が生えていて、毛穴がかなり発達しています。
そのため、皮脂腺も身体の他の部位と比較すると圧倒的に多く分泌されるのですが、血中糖度が高くなると皮脂腺が刺激されて多くの皮脂が分泌されるようになります。
皮脂が多く分泌されると頭皮の毛穴を詰まらせる原因になったり、過剰に酸化して頭皮の炎症を引き起こす場合があります。
これによって毛根部分にダメージが起こり、白髪が生えるケースがあるので、甘いものを多く摂取する習慣のある人は見直しが必要です。

 

油分の過剰摂取

スナック菓子やファストフード、揚げ物など油分の多い食事を毎日のように食べている方は白髪が生えやすくなります。

 

油分を過剰に摂取すると血液の中に中性脂肪が大量に含まれるようになります。

この中性脂肪は、上記した糖分と同様に皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促す作用があり、毛穴詰まりや頭皮の炎症の原因になってしまいます。

 

また、血液がドロドロになって血行不良を引き起こす原因にもなるので、油分を多く摂取する食生活を送っている人は見直すようにしましょう。

 

身体の冷える食べ物

食べ物の中には身体を冷やす効果のあるものがあります。
身体が冷えると冷え性や肩こり、首凝りなどの血行不良状態を引き起こしやすくなるので髪に十分な栄養が届けられなくなる場合があります。

 

身体を冷やす食べ物は夏のものが多く、スイカ、きゅうり、ナスなどが挙げられます。
また、冷たいジュースやお茶、アイスなども身体を急激に冷やしてしまうので夏でも常温のものにするなどの工夫をして身体の冷えを抑えることで白髪の発生を予防することができます。

page top