生活習慣の見直しで白髪改善

白髪の改善・予防を行なうためには生活習慣の改善がとても大事です。
私たちの身体は忙しい現代社会によって疲弊している状態で、身体の機能が低下している場合が多いです。
そのため、白髪が増えたり、髪が細くなったりと頭髪に関する悩みが生まれている傾向にあります。

 

これを改善するためにも、今日からできる生活習慣の見直しを実践していきましょう。

 

睡眠による白髪改善

仕事や受験勉強などが忙しく、つい寝る時間が遅くなって睡眠不足になっている、という方は良質な睡眠を心がけるようにしましょう。

 

髪は寝ている間に成長します。
特に22時から2時までの4時間は成長ホルモンが大量に分泌されて髪の成長を促すことができるので、可能であればこの時間帯は睡眠に当てたいところです。
髪は寝ている間に成長しますので、それなりの睡眠時間の確保も重要となります。


一般的にちょうど良い睡眠時間は7時間程度だと言われています。
7時間も睡眠時間を取るのが難しい、という方は最低でも6時間を目安に睡眠時間を確保するように努めましょう。
睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌量の低下、ストレスの増加、疲労蓄積などによって白髪が生えやすくなるので注意が必要となります。

 

運動による白髪改善

交通機関が発達した現代では多くの方が運動不足に悩まされています。
運動不足が続くと身体の筋肉が衰えていきます。

 

血液の流れというのは心臓だけでなく全身の筋肉も関係していて、心臓に血液を送り返したり、血液がスムーズに流れるようにするためにはある程度の筋肉の使用が必要となります。

 

そのため運動不足が続いていると血行が滞ってしまいがちになって髪に十分な血液が循環されずに栄養不足となって白髪が生えるようになってしまいます。

 

運動不足の解消は、軽い運動を日常的に行うだけで十分に効果的です。
ウォーキング、軽いジョギング、サイクリング、水泳など有酸素運動を行うことで血液の循環が高まって髪の成長を促すことができます。
可能であれば毎日、毎日が難しいという方は定期的な運動を心がけるようにしましょう。
また、毎日の通勤などでエレベーターやエスカレーターを使わずに、階段を利用するなどの工夫も取り入れてみましょう。


禁煙による白髪改善

喫煙の習慣のある人は白髪が生えるリスクが大幅に増えるとされています。

タバコの中にはニコチンが含まれています。
このニコチンは血管を収縮させて血行を悪くする作用を持っています。
血行が悪くなることによって髪に十分な栄養が行き渡らなくなるので栄養不足となって白髪の増加に繋がります。

さらに、喫煙によって血液中の酸素が一酸化酸素に置き換わってしまうので細胞の代謝に必要な酸素量が不足して代謝が低下するのも白髪の原因となります。
そのため、喫煙者の方は禁煙を行うことで白髪改善効果を生み出すことができます。

 

ストレス解消による白髪改善

ストレスが溜まると全身の筋肉が緊張して血行不良を引き起こしやすくなります。
血行不良による髪への栄養補給の滞りから髪が適切に成長することが出来なくなって白髪が生えるようになります。
またストレスは内臓にも大きな負担をかけてしまいます。
特に影響を受けやすいのが消化器官です。

 

ストレスによって胃や腸の機能が低下してしまうと食事の消化・吸収がスムーズに行うことができなくなって栄養摂取が効果的に行えなくなってしまいます。

 

その他にも、ストレスによって自律神経が過敏になり睡眠困難や疲労困憊などの弊害が起こることもあるので注意が必要です。
自分に合ったストレス発散方法を見つけて、上手なストレス対策を行うことが白髪の改善に繋がります。

page top