白髪染めとおしゃれ染めの違い

髪を染めるものに、白髪染めとおしゃれ染めがあります。
どちらも髪を染める、色をつけるという目的を持っていますが、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか。


白髪染めとおしゃれ染めの違い

白髪染めとおしゃれ染めの最も異なる部分は染毛力の強さに違いがあります。

 

白髪染めは白髪と黒髪を一度に、そして均一に染め上げることができるように脱色を行ってから高い染毛力で髪を染め上げるよう作られています。

 

一方、おしゃれ染めは元々の黒髪を希望する色合いにまで脱色して、そこに染料を加えることによって希望する色を作り出すという仕組みになっています。

 

つまり、白髪染めとおしゃれ染めとでは、脱色する度合いが異なること、そして染料で染め上げる程度が異なることがあげられます。

 

おしゃれ染めの中でもブリーチや髪色戻しは脱色能力や染毛力が高く、これらは白髪染めとほぼ同等の染毛を行うことができるとされています。

 

おしゃれ染めでは白髪は染まらない

白髪染めはお年寄りが使うものだから、白髪染めではなくおしゃれ染めで白髪を染めたいという方が若い世代を中心に多くいます。
しかし、残念なことにおしゃれ染めでは白髪をキレイに染めることができません。
おしゃれ染めの成分は黒髪を染めることを前提として作られているため、白髪に色を入れることができないのです。
仮に白髪を染めることができたとしても、色の定着力が低いためにすぐに色落ちしてしまうケースも。

 

そのため、白髪を染めるときにはおしゃれ染めではなく白髪染めを利用する必要があります。

 

では逆におしゃれ染めの代わりとして白髪染めを使うのは可能なのか、と言えば可能となります。
白髪染めは黒髪も白髪も関係なく、一度全ての髪を脱色した上で色を髪に定着させるためおしゃれ染めとしても利用することができます。

 

白髪染めのカラーバリエーション

白髪染めと言えば、黒や茶色、グレーなど地味な色しかない、というイメージが強いですが、最近では白髪染めでもおしゃれな色使いを楽しみたいという傾向が強まっていて、各メーカーが様々なカラーバリエーションを展開しています。
人気が高いのは定番のブラウンですが、同じブラウンでも赤みがかったブラウンや明るいブラウンなど様々な色味があります。
また、アッシュ系、オレンジ系も充実しているので、白髪染め=地味というイメージは徐々に薄れていると言えるでしょう。

page top