白髪染めの安全性

白髪染めは家庭で簡単に白髪を染めることができるため、多くの方が利用しています。
ドラッグストアやスーパーなどで白髪染めコーナーが出来ていることからも、白髪染めのニーズがとても高いことが見て取れます。

 

今まで白髪染めと言えば、黒かグレー、ブラウンしか色がありませんでしたが、
最近ではおしゃれに白髪染めを使いたいという要望から、ファッション性に優れた様々なカラーバリエーションのものも販売されるようになっています。

 

 

白髪を染めることができるため、手軽に利用している白髪染めですが、
白髪染めが安全かと言えば、個人差はありますがトラブルが起こるケースもあります。
 
そのため、今最もニーズの高い白髪染めは安全性の高いものになっていて、
成分が植物由来のものが特に人気を集めている傾向にあります。

白髪染めのトラブル

白髪染めを利用することによって、ダメージヘアや頭皮のトラブルが起こるという声をよく耳にします。
 
これは、白髪染めに含まれている刺激性の高い成分によって引き起こされるもので、
肌の弱い人や体調の優れない人に多く見られるようになっています。

 

具体的に白髪染めによって起こるトラブルは以下のようなものがあります。

 

頭皮の赤みやかゆみ、湿疹などの炎症
フケなどの異常発生
頭皮の強い乾燥
脱毛、薄毛
ダメージヘア(枝毛、切れ毛など)
頭痛や吐き気などの体調不良

 

白髪染めの成分のひとつに、パラフェニレンジアミンという成分が含まれている場合があります。
パラフェニレンジアミンを配合している白髪染めを利用する際に、アレルギー反応が起こる場合があります

 

アレルギー反応の強さは個人差がありますが、軽いものだと頭皮のかぶれや湿疹などの炎症から、
重いものであれば呼吸困難や心不全などを引き起こす場合も。

 

そのため、白髪染めを利用する前には必ずパッチテストを実施するようにしなければなりません。

 

パッチテストで安全性の確保を

利用しようと思っている白髪染めに対してアレルギー反応が起こるかをチェックするためにパッチテストがあります。

 

パッチテストは腕の内側に白髪染めのテスト液(1剤と2剤を適切な割合で混ぜ合わせたもの)を塗り、48時間様子を見てアレルギー反応が起こるかどうかを確かめるテストです。

 

腕に白髪染めを塗ってから48時間以内に赤みやかゆみ、湿疹、体調不良などが起こった場合にはその白髪染めに対してアレルギーを持っているということになります。
 
つまり、パッチテストを行って48時間以上経過しても何の問題も無かった場合にのみ、その白髪染めを利用することができるということになります。

 

実はこのアレルギー反応、普段はまったく起こらないのに体調が少し崩れただけで、あるいは生活環境に変化が起こるだけで現れるようになる場合があります。

 

そのため、以前使ったことのある白髪染めだからパッチテストをしなくても大丈夫!
などと考えずに、面倒だとしても白髪染めを行う前に必ずパッチテストを実施するようにしましょう。

 

アレルギーの人でも使える白髪染めは

白髪染めのパッチテストを行った結果アレルギー反応が出てしまった場合には、白髪染めを利用することができないということになります。
かといって、白髪を諦めるということではありません。

 

アレルギーの人でも安心して利用することのできる白髪染めとして、天然由来成分で構成されている白髪染めがあります。

代表的なものにヘナの白髪染めがあります。

 

ヘナは古来より化粧品や髪染めに利用されている植物で、天然トリートメントと優れた殺菌能力を持っているオレンジ色の天然染料です。
髪や肌に刺激を与えることなく、アレルギー体質の人でも安心して利用することができるとして、多くの方が支持しています。

 

このように、アレルギー体質の人は天然染料によって髪を染める自然派の白髪染めの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

page top