話題のヘナの白髪染め

最近では白髪染めも自然派の人が増えてきて、合成染料を使わずに、天然由来の染料で白髪を染めたいという方が随分と多くなりました。
そこでとても注目の集まっている天然染料がヘナです。

 

ヘナは、インド、ネパール、パキスタンなどの西アジアを中心に自生している植物のことで、葉や実などをすりつぶすと染料として活用できるエキスを取ることができます。
このヘナの染料は古代エジプト時代から利用されていたという歴史を持っていて、かのクレオパトラも化粧品として愛用していたと言われています。

 

ヘナは白髪染めの染料として優秀ですが、それだけに留まらず、優れた殺菌作用を持つことから頭皮の炎症を抑える効果や、天然のトリートメント効果によって髪にツヤを与えることができるとされています。

 

そのため、ヘナは髪や頭皮に刺激を与えることなく、肌質の弱い方でも安心して使うことができる天然染料として話題を集めています。

 

ヘナの白髪染めの特徴

ヘナを利用した白髪染めの特徴としては、色がオレンジ系に偏っているという部分があります。
これは、ヘナ自体がオレンジ色をしているため、白髪染めとして活用すると白髪を明るいオレンジに染めることに由来していると考えられます。
ヘナだけで白髪を染めるとあまりにも明るくなりすぎるため、藍やクチナシ、ウコンなどの他の天然染料と一緒に配合されていることが多いです。

 

ヘナの白髪染めはあくまでも天然の染料で白髪を染めていくため、従来の白髪染めと比較すると一度でしっかりと染め上げる、というわけにはいきません。
しかし、何度でも繰り返して利用することができるほど刺激が少ないので、やはり白髪染めに適した染料であると言えます。

 

注意点としては、天然染料だからといってアレルギー反応が絶対に起こらないとは限らないという点です。確かに低刺激で安全性は高いのですが、植物アレルギーを持っている方も世の中には少なからずいます。そのため、従来の白髪染めと同様にパッチテストを行うようにしましょう。

ヘアダメージが気になる人必見!話題のヘナの白髪染め関連ページ

入浴時に使用できる白髪染め
白髪対策サプリメント
page top