白髪染めの準備

白髪染めを始めると、なかなか身動きをとることが難しくなりますし、下手に動くと家具を染料で汚してしまったり、髪の色ムラを作る原因にもなってしまいます。
そうならないためにも、白髪染めを始める前にしっかりと必要な道具を揃えて準備しておくように心がけましょう。

これさえあれば大丈夫!白髪染めアイテム

白髪染めを行うときに必要不可欠なものや、あると便利なアイテムを紹介します。
こちらを参考にして、しっかりと道具を準備してから取り掛かるようにしましょう。

 

白髪染め
(事前にパッチテストを必ず行っておくこと)
ティッシュペーパー
ケープ
鏡(出来れば固定できるものと手鏡の両方)
新聞紙などの床や家具を保護するもの
汚れても良いタオル
手袋(多くは白髪染めとセットになっている)
輪ゴム(手袋が外れないように固定する)
時計やタイムウォッチ(時間経過をチェックできるもの)
前開きの服(シャワー時に頭を通さずすぐ脱げるように)
コールドクリーム(染料が付着しやすい部分に予め塗っておくと簡単に落とすことができる。例えばフェイスラインやもみあげ、うなじなど)
目の粗いコーム
ヘアクリップ

 

これらの他にも、白髪染めの浸透性をより高める効果のあるラップやヘアキャップなども必要に合わせて用意するようにしましょう。

 

白髪染めを始めるその前に

白髪染めに必要なアイテムをきちんと揃えたら、次は白髪染めのための下準備を行いましょう。

 

ブラッシングで髪をとかしておく

白髪染めを行う前に、髪が絡まっていると均一に染めることが出来ない場合があるので、必ずブラッシングを行って髪をといておくようにしましょう。
また、ブラッシングは髪に付着した汚れを落とす効果もあります。
もしもスタイリング剤などを使用している場合には事前に落としてから白髪染めを行います。

 

コールドクリームを塗る

白髪染めが肌に付着してしまうと、数日間色がついたままになってしまうため、それを予防するためにコールドクリームを利用しましょう。
特に顔は白髪染めで色がついてしまうととても目立ってしまうので注意が必要です。
白髪染めを行う前にコールドクリームを染料がつきやすい部分に塗っておくことで、肌を染めることなくティッシュなどで簡単に落とすことができます。
付着しやすい部分は、生え際、額、もみあげなどの耳周辺、フェイスライン、うなじなどがあります。

 

着替えておく

白髪染めの最後にシャワーで染料を洗い流しますが、そのときにパッと脱ぐことが出来る服に着替えて起きましょう。頭を通さなくても大丈夫な前開きの服に着替えることをオススメします。
服に付着した染料はほとんど落とすことが出来ないので、汚れても良い服を選ぶようにしましょう。
ピアス、イヤリング、ネックレス、指輪などのアクセサリーの類は外しておくようにします。
これらの準備が整ったら、いざ白髪染めを始めていきましょう。

 

page top