白髪染めの前にはパッチテスト

白髪染めで頭髪トラブルを避けるためにパッチテストは必ず行う必要があります。
パッチテストは、これから使おうとしている白髪染めの成分の中に、自分にとってアレルギーが起こる成分が含まれていないかをチェックするためのものです。

 

白髪染めには様々な刺激の強い成分が含まれています。
その成分と肌質が合わない場合、肌がかぶれたり、赤みが出たり、湿疹がでるなどの炎症が起こる場合があります。
 
また、体質によっては頭痛や吐き気、めまい、動悸、呼吸困難などの体調不良を引き起こす場合もあり健康を害する可能性があります。

 

これらのアレルギー反応の有無を白髪染めを使う前にしっかりとチェックするためにも必ずパッチテストを行うようにしなくてはなりません。

 

以前使ったことがある白髪染めで、前回は問題なかったとしても、体調の善し悪しなどによってアレルギーが引き起こされる場合もあるので、白髪染めを行うときには毎回パッチテストを行わなければなりません。

 

パッチテストの方法について

テスト液を作る

パッチテストを行うためにはテスト液が必要となります。
このテスト液というのは、1剤と2剤を適切な量で混ぜ合わせた少量の白髪染めになります。

 

それぞれの分量については取り扱い説明書に記載されているので、量を間違えないように混ぜましょう。混ぜるときには小皿などで綿棒を使って混ぜていきます。

 

なお、パッチテストが完了するまで48時間必要となるため、間違って全ての分量を混ぜてしまわないように注意が必要になります。
パッチテストに必要な量はコイン大程度でOKですので、目安にしてください。

 

テスト液を腕の内側に塗る

パッチテスト用のテスト液を作ったら、腕の内側に薄く塗りましょう。
腕の内側に塗る理由は、色の変化がわかりやすいという点、そして簡単に洗い流すことが出来るという点です。
塗る範囲はコイン大程度でOK。
あまり多く塗りすぎると、乾くのに時間がかかってしまいますので、30分程度で乾ききらない場合にはティッシュなどで軽く拭き取るようにしましょう。

 

放置する

テスト液を塗った部分が何かに触れて落ちてしまわないように48時間放置します。
テスト液は一度乾けば簡単には落ちないので、そこまで敏感になる必要はありませんが、入浴時などに落ちてしまうことが多いので、腕にラップを巻いておくなどの工夫をしましょう。

 

この放置する間は、定期的に塗った部分に変化が出ていないか観察するようにします。
始めは塗ってから30分後、次は24時間後、そして48時間後の最低3回はチェックするようにします。
その過程で腕に赤みが出たり、かゆみが生じる場合にはアレルギー反応が起こっているので、すぐに洗い流すようにしましょう。
 
また、腕に変化が無くても体調不良が起こった場合も同様にすぐに洗い流します。
当然、アレルギー反応が出たらその白髪染めを使うことはできません。

 

48時間経過後

パッチテストを開始してから48時間経過して、問題が無かったらその白髪染めを利用してもOKとなります。

page top