全体染めと部分染め

白髪染めには部分染め全体染めがあります。
白髪染めは髪と頭皮にとても大きな負担をかけてしまうもの。
この負担を軽減させるためにも、部分染めと全体染めを使い分けるようにしましょう。

 

部分染めと全体染め

白髪染めを行ってから2ヶ月もすれば生え際にはかなりの白髪が生えてきます。

 

よって、白髪染めは定期的に行う必要がありますが、短期間で白髪染めを繰り返すことによって髪と頭皮に大きなダメージを与える原因となってしまいます。
そのため、可能なら白髪染めを行ったら2〜3ヶ月以上の間隔を空けることが望ましいとされています。

 

ではその間、白髪を放っておくしかないのか、と言えば、部分染めを利用することで髪と頭皮に少ない負担だけで染めることができます。

 

この部分染めを上手に活用することが白髪染めでキレイに染めるポイントの一つです。

 

部分染めと全体染めの使い分けについて

全体染めは、いわゆる普通の染め方のことを言います。
髪全体を一気に白髪染めで染め上げるため、白髪が多い人や、初めて白髪染めを使うときなどは全体染めになります。
手間も少なく、効率的な白髪染めを行うことができるのですが、髪と頭皮に最も負担の大きい染め方だと言えます。

 

そこで、白髪が新しく伸びてきたときに使うのが部分染めです。
部分染めは伸びてきた白髪だけを染める方法なので、既に染まっている髪に負担がかかりません。

 

部分染めの方法は簡単で、伸びてきた白髪に白髪染めを馴染ませて放置し、最後に薬剤を髪全体に伸ばしてから洗い流すだけでOKです。
この部分染めをリタッチとも言います。

 

全体染めを行うときには

全体染めを行うときには、薬剤が髪全体に均一に馴染みやすい白髪染めを選ぶことをオススメします。
また、塗りやすさもとても重要な選ぶポイントの一つ。
例えば、比較的薬剤の伸びが悪いクリームタイプを全体染めに使った場合、どうしても薬剤を塗るのに時間がかかってしまいます。
そのため、最初に塗った部分は染まりすぎて、最後に塗った部分は染まり不足、ということも。

 

これらの点を考慮した上で、全体染めを行う場合には髪に馴染ませやすい液タイプ、乳液タイプ、泡タイプ、ムースタイプがオススメです。

 

また、シャンプーやトリートメントとして利用することによって白髪を染めることができるものも販売されていて、これらは毎日利用することを前提としているので、肌や髪に負担をかけることなく毎日全体染めを行うことができるというメリットがあります。

 

部分染めを行うときは

部分染めを行うときは、液ダレを起こしにくいものを選ぶ必要があります。

 

もしも部分染めを行っている途中で液ダレを起こしてしまうと、染めなくても良い部分に薬剤が付着して色ムラの原因になる場合も。
そのため、部分染めを行うときには液ダレを起こしにくいクリームタイプの白髪染めをオススメします。

 

クリームタイプの白髪染めは伸びが悪いですが、しっかりと髪に絡み付いて液ダレを起こしませんし、狙った場所をしっかりと染めるのに適した形状になっています。

page top