白髪染め後のヘアケア

白髪染めを行った後は髪にダメージがかかっています。
そのため、白髪染め後のケアは必要不可欠。
ここでは白髪染め後のヘアケアについて紹介します。

 

白髪染め後のシャンプー

白髪染めを行った後、必ずシャンプーを行うように注意書きがされています。
これは、シャンプーを行うことによって髪に付着している白髪染めの染料を落とすために行います。

 

染料が髪や頭皮に付着したままの状態だと、髪と頭皮に刺激を与え続けてしまうだけでなく色ムラを起こす原因にもなっています。
また、白髪染めによって開いてしまったキューティクルを元の状態に戻すという役目も持っています。

 

キューティクルというのは、本来弱酸性で、閉じた状態を維持しています。
しかし、白髪染めを行う上で一度アルカリ剤によってアルカリ性になってキューティクルが開くため、開いたキューティクルを元に戻してあげなくてはなりません。
ではどうやったら元の状態に戻すことができるかと言えば、弱酸性にしてあげればOK。
そのために、シャンプーを行うという面もあります。

 

もしもこのキューティクルが開いたままだと、キューティクルが剥がれ落ちてダメージヘアになるだけでなく、剥がれたキューティクルの部分から髪の内部に定着した色が落ちてしまい、髪が色あせてしまいます。
白髪染めの後は念入りにシャンプーで髪と頭皮を洗うようにしましょう。

効果的なシャンプーの方法

白髪染めの薬剤を効果的に落とすためには、しっかりとしたすすぎが必要となります。
十分にすすぎを行わないままシャンプーを使っても思い通りの薬剤を洗い流すことはできません。
そのため、シャンプーを使うまえに十分なすすぎを行う必要があります。

 

だいたいすすぎの目安となっているのは、すすいだお湯が透明になるまで、となっています。

 

このとき、すすいだお湯が飛び散って浴室が汚れてしまうことがあるので、すすぎを行う前に浴室全体をシャワーで塗らしておくと簡単に洗い流すことができます。

 

すすぎのお湯が透明になったら、手のひらで十分にあわ立てたシャンプーを髪に馴染ませていきましょう。髪も頭皮もとても傷んでいる状態であるため、爪を立てて傷を付けることの無い様に、丁寧に、それでいて確実に洗髪を行います。

 

一度のシャンプーですっきりと洗い流すことができたように感じるかもしれませんが、念入りに薬剤を流すためには2度洗いが効果的。
そのため、一回目は比較的簡単に、二回目に念入りに行うのが望ましいとされています。

 

また、シャンプーは可能であればヘアカラー用のものを使用したいところです。
ヘアカラー専用のシャンプーは髪の色持ちを長くする効果があります。

 

頭皮がとてもデリケートになっているため、シャンプー剤が頭皮に残ることの無い様シャンプー後のすすぎもいつも以上に入念に行うようにしましょう。

 

仕上げはトリートメントとコンディショナーで

白髪染めをシャンプーで洗い流したら仕上げにトリートメントとコンディショナーを使って髪のキューティクルを整えてあげましょう。

 

トリートメントとコンディショナーは同じものだと思われがちですが、それぞれ役目が異なります。

 

トリートメントは髪の内部に浸透して傷んだ髪を修復する効果を持っています。

白髪染め後は髪の内部はダメージだらけですので、トリートメントでしっかりと補修してあげましょう。

 

コンディショナーは髪の表面に保護膜を形成する役目を持っています。

白髪染め後の乱れたキューティクルは完全に元に戻るまで時間がかかり、とても刺激に弱い状態が続くのでコンディショナーを使ってキューティクルを整えつつバリア機能を付加しましょう。
また、コンディショナーは酸性のものが多く、開いたキューティクルを元に戻す効果もあります。

 

白髪染め後は最低1週間は毎日トリートメントとコンディショナーを使うようにしましょう。

page top