生え際の白髪染めにはリタッチ

白髪めを行っても、すぐに白髪が伸びてきて気になりますよね。

 

髪は毎日伸び続けるため、個人差はありますが1ヶ月で1〜2cm程度成長すると言われています。
そのため、せっかく白髪染めをしても生え際だけ白髪が目立って気になってしまいます。

 

しかし、生え際の白髪が目立つからといってその都度白髪染めを行うと
髪に多大なダメージを与えてしまいダメージヘアの原因になってしまいます。

 

そこでオススメしたいのがリタッチです。

 

リタッチは新しく生えてきた白髪だけを染めるためのテクニックで、全体染めを行うよりも遥かに負担を小さく済ませることができますし、効率の良い白髪染めを行うことができます。

 

ここでは生え際の白髪染め、リタッチについて紹介していきます。

リタッチの方法

白髪染めを行ったら、髪や頭皮へのダメージの関係から最低でも2ヶ月以上の間隔を設ける必要があります。
一ヶ月に1度のペースで白髪染めを行うと、髪と頭皮にとても大きな負担がかかり続けてしまい、ダメージヘアを作り出す原因になってしまいます。

 

そこで活用するのがリタッチです。
リタッチは生え際だけを染めて、髪全体の色を自然に纏め上げることができるテクニック。
白髪染めの取り扱い説明書でも紹介されているテクニックですので、是非活用してみてください。
リタッチの方法は以下の手順となります。

白髪染めの1剤と2剤を混ぜ合わせる
生え際に白髪染めを馴染ませる
定められた時間放置する
生え際に馴染ませた薬液をコームなどを使って髪全体に伸ばす
シャンプーで洗い落として完了

リタッチは全体染めと比較して髪に馴染ませる手間が極端に少ないため手軽に行うことができます。
また、以前染めた部分が色あせてきた、という場合にも効果的で、最後に髪全体に白髪染めを伸ばして馴染ませるので、色あせた部分に再度色を入れ、髪全体の色を自然に馴染ませることができます。

 

注意点として、生え際は頭皮の温度で染まるスピードが早い傾向にあります。
そのため、放置時間を必ず守るようにしてください。

リタッチが面倒なときは一時染め

ちょっとだけ白髪が生えてきた程度でいちいち白髪染めをするのが面倒だ、という方はリタッチの代わりに
一時染めを活用してみてはいかがでしょうか。

 

一時染めは、白髪の表面に色を塗ることによって一時的に白髪を隠すというもの。タイプには色々なものがあって、スプレー、パフ、ブラシなどの形状があります。

 

一時染めはシャンプーをすると簡単に落ちるので、それがメリットでありデメリットでもあります。
白髪染めを行うまででもないが、とりあえず今日は隠したい、というときに重宝するアイテムです。

page top